上野もりおの市政報告

横浜を取り巻く環境

人口総数 3,739,836人
(平成31年2月1日現在)

横浜市は2019年をピークに人口減少へと転じ、2016年には死亡数が出生数を上回り戦後初めて自然減へと推移しています。  また近年は、在住外国人が増加していて、2017年時点で9万人超となり多文化共生社会の実現が必須となっています。

そして2025年には、65歳以上が100万人、75歳以上が60万人に達することが明らかで、全国1741あるうち最大の基礎自治体である横浜市にも、少子高齢・人口減社会の流れが強くなっています。

横浜市の主な予算(平成30年度)

子育て・教育・青少年  5,475億円(約31.6%)
福祉・保険・医療    4,571億円(約26.4%)
道路・住宅・都市整備  1,854億円(約10.7%)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP